キャッシングのシュミレーションは重要

キャッシングシュミレーションとは?

画像

シミュレーションは、キャッシングには欠かせません。

 

キャッシングというのは、借りる金額、借りている期間、利率によって、最終的な支払い総額が変わってきます。

 

事前にシミュレーションをすることによって、どのくらいかけていくらずつを返済してくことにするかが確認できます。

 

最近は、クレジットカードにキャッシング機能がついていたりします。ネットや携帯から簡単にキャッシングを申し込めるようになり、手軽にキャッシングを使う人が増えてきました。金利や完済までの日数が利息をどのくらい増やしているものなのか、曖昧な知識で使っている方も少なくありません。

 

具体的な金額の見通しを立てずに、キャッシングを行う方もいるようです。1万円、2万円といった、緊急に本当に小額だけ借りるのでしたら、シュミレーションなどしなくても問題にはならないと思います。しかし、10万円以上にもなるような融資を受けるであれば、キャッシングの前にシミュレーションをする方が賢明です。

 

月々の支払いやトータルの支払い金額をあらかじめ知っておく必要があります。特にキャッシングのシステムを良く知らない人は要注意です。キャッシング融資を受けた時には無理なく返済できると見込んでいても、シミュレーションをしてみると思っていたより家計へのしわ寄せが大きくなっていることもあります。


キャッシングシュミレーションの重要さ

画像

なぜキャッシングにはシュミレーションが必要なのでしょう。

 

まず第一に毎月の支払い金額が端数まできちんと分る為です。

 

借入金額が小さく、すぐに返済する人ならばさほどシュミレーションは重要ではありません。

 

キャッシングがいくつもあり月々の返済金額が多い人は、特にシュミレーションをして毎月の支払い金額をきちんと把握しておく必要があります。もうひとつの理由はキャッシングの返済方式が、借り入れをする金融会社によって異なっているためです。

 

この点を見落としている人は案外多いようです。借入金額も返済期間も同じに設定したはずなのに、シュミレーションの結果が互いに異なる場合があるようです。それぞれの金融会社によって返済方式が異なっている為に起こるのです。

 

リボルビング払い、元利定額、元金定額、元金定率など、様々な返済のスタイルがあります。金融会社によって適用されている返済方式が違うと、毎月の支払い金額どころか、返済総額も大分変わってきます。

 

シュミレーションをしたけれども、支払い金額が実は大きく異なっていたと言うことも良くあります。との金融会社のキャッシングサービスを利用するか決めた上で、その会社のホームページでシュミレーションをすると正確な計算ができます。


キャッシングシュミレーションの注意点

画像

キャッシングを利用する前に行うべきシュミレーションでは何に留意すべきでしょう。

 

注意点はキャッシングシュミレーションの返済日の入力についてです。

 

キャッシング会社の中には、月々の返済日が明確に決まっているところが少なくありません。

 

指定されている返済日を知らずに、自分の都合で返済日を入力してしまうことがあるのです。実際よりも長い借り入れ期間になり、支払い金額が実際よりも増えてしまうことがあります。キャッシング会社の中には、借入金額や期間に条件を設けて利率0%の貸付をする会社もあるようです。

 

借りたお金を2週間後に返済するという場合、何日借り続けたことになるでしょう。融資日そのものは1日目としてカウントするのかなども、計算をする上では重要な要素です。クレジットカードで決済をする時は、必ずクレジットカードの決済日を確認しましょう。

 

シュミレーションではさほどの金額ではないと思っていたけれど、いざ返済の時点では予想以上に金額が増えていたということもあります。ほとんどは引き落とし日を知らなかったことに起因している事が多いのです。

 

クレジットカードのシュミレーションは手軽で便利な機能ですが、シュミレーションを間違えるとカードの引き落とし日を勘違いしてしまう場合もあります。毎月の返済日が少しだけずれていたために、翌月ではなく翌々月からキャッシングの返済がスタートする場合もあります。シュミレーションをする時は正確に条件を入力しましょう。